介福祉車両も、りっぱな介護用品の一つです。移動の補助・場合によっては自らが移動することもできるようになります。

助かる介護用品

福祉車両について。

  1. 助かる介護用品  >
  2. 福祉車両について。

介護用品の一つとしての福祉車両。

介護される側が、自分で車が運転が可能なタイプ。

介護される人”自身”が、自ら運転できるタイプについてお話していこうと思います。

まずこのタイプは、介護される人の状態にもよるのですが、
例えば、下半身だけ動かないだけで、上半身は全く健康である・・といった様な人の場合、
足で操作するアクセルやブレーキなどといった機構を、全て手で操作できるように改造したものに乗ることになると思います。
このタイプの場合、全ての操作を2本の手で行うため、その環境に合わせた作りに改造されています。

この自動車の利点としては、
自動車に、たった一人で乗車することが出来、場合によってはたった一人でどこへでもドライブにも行けたり、
はたまたモータースポーツに挑戦することも出来たりと、
介護を必要とする人たちの自立を助ける効果もあります。

欠点は、まだやはり一般の仕様と比べると、まだまだ車両代が高いこと。
既存の車を改造するにしても、その代金は決して安くはないそうです。

この出費に関しては、自治体の補助が受けられる場合もあるらしいのですが、
それでも、それだけの価値があるかどうか、自立するために、投資するものなのかどうかという問題になると思うので、「高いから」ということで、完全なデメリットにすることは、正直無いかもしれないですね。

介護者を乗車させるだけの介護車両

これは、各施設などで所有していることの多い車ですね。
こういった車両の場合は、運転自身は健常者・介護する人が行いますが、
介護される人が容易に自動車に乗車することが出来るようにするための機能が追加され、また自動車自体改造されています。

こうした自動車は、広ければ広いほどよく、例えば上記でも書いたように、1BOX車が主流で、そうした自動車が介護が必要な人の移動に適しているとされていましたが、
現在は、乗用車のみならず、軽自動車までにもこの介護使用車が設定されています。

おもに、車いすのまま自動車の乗り降りが出来る機構などがありますね。

recommend

ウィッグの通販なら

2017/6/9 更新

ページ上部へ移動します。